ミャンマー学生医療研修 2015年2月 〜金子恵さん〜

ミャンマー学生国際医療研修感想                            順天堂大学医学部3年 金子恵   この研修に参加した目的は、医療支援活動の現状を知り、学ぶことで、将来医療支援活動を希望する自分の視野を広げることであった。短い間ではあったが、チンミンダイ盲学校、Dream Train、ワッチェ病院に直接身を置く中で、たくさんの気づきがあった。 まず、ワッチェ病院での研修について触れたいと思う。私はワッチェ病院での研修中、病棟、外来、手術の3つの分野でミャンマー人、日本人の医療スタッフから様々なことを学んだ。私は、日本での大学の病院実習も始まっておらず、基本的な処置や手術などについてもよく分からない状態ではあるが、処置、手術において日本と比べると物資、設備などの面で制限があるのではないかと感じた。また、日本人スタッフは、患者さんとミャンマー語でやり取りして また、高校生の時から憧れていた吉岡先生とお話しする機会を現地でいただけてとても嬉しかった。臨床の医療支援の現場で活動するか、もしくは国際保健の分野で活動するか、どちらがより必要とされているのか、私はどちらをやるべきなのか、わからずにいたが、吉岡先生の「地道に活動していくか、大きく変化させるチャンスを狙うかの違いだ。」というお言葉が印象的だった。さらに、自分に向いている、好きなことをやればいいとわかった。また、臨床の支援をするにあたり、最終的に現地の医療者が自立して医療をすることがベストだと思っていたが、現地の医療の現状を考慮すると必ずしも現地の医療者のみで医療を行うことが患者さんにとってのベストではなく、外国人が医療に関わっても良いのだと知った。 ワッチェ病院の患者さん、Dream Trainの子どもたちと接する際、簡単なミャンマー語辞典があったがミャンマー語がわからずやりとりに困った。しかし、簡単なミャンマー語しかわからなくても、伝えようとする心、理解しようとする心があればコミュニケーションが図れるのだと感じた。短い間の関わりであったが、患者さん、子どもたちとの別れは、予想以上に辛いものであった。 実際に医療支援をしている医療者の方々とお話できたのも良い刺激となった。将来、海外の医療現場で活動する際、日本での仕事、家庭の都合などたくさんの困難が伴うと思うが、医療支援に携わりたいという気持ちを忘れずに実現していきたいと改めて感じた。 最後にお忙しい中、この研修を実現して下さったジャパンハートの皆様、ハーツの皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。大変ありがとうございました。

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000