ミャンマー学生医療研修 2014年12月 〜大森愛美さん〜

ミャンマー学生国際医療研修を通して                     群馬医療福祉大学 看護学部 3年 大森愛美 このミャンマー学生国際医療研修は、私にとって初めての海外でもありました。そのため出発の数日前から、ずっと行きたかった途上国にやっと行けるという嬉しさと楽しみな気持ち、不安や緊張が混ざり合っていました。そしてミャンマーで過ごした日々は、見たものすべてが新鮮に映りました。Dream Trainでのクリスマスパーティー、視覚障がい者施設訪問もすべて貴重な体験でしたが、特に印象に残っているのはやはりワチェ慈善病院での研修です。 ワチェ慈善病院では、どの患者さんも、目が合うとニコッと笑顔で「ミンガラーバー」と挨拶をしてくれ、こちらもつられて笑顔になりました。言葉は上手く通じないことの方が多く苦労もしましたが、患者さんたちは私のことを受け入れ、必要としてくれました。私がビルマ語で話すのを、たとえおかしな発音だとしても一生懸命聞いて分かろうとしてくれる患者さんたち、指さし会話帳で伝えたいことを探すのに時間がかかっても笑顔で待っていてくれる患者さん、ある患者さんの言った言葉が分からなくて困っていると言い方を変え簡単な言葉で伝えてくれたり、ジェスチャーを用いて分かりやすく伝えてくれる周りの家族や他の患者さんたち。言葉の壁があるからこそ、お互いの伝えようとしていることが分かりあえたときは非常に嬉しいものでした。このようなミャンマーの方々の優しさや温かさに触れ、研修が終わっても日本に帰りたくないと思うほどミャンマーが大好きになり、ミャンマーの方々のために貢献したいという気持ちが大きくなりました。 ミッション期間中でお忙しいなか、吉岡先生は学生とお話をする時間を設けてくださいました。吉岡先生とお話をしている中で、私はミャンマーに来てもなお、日本での常識や考え方で物事を見てしまっていると気付きました。国が変われば日本で当たり前だと思っていることも、それが通用しない場合もあります。医療どうこうという前にミャンマーの歴史や文化、生活様式、価値観を深く理解しなければ、ミャンマーの方々に合った看護が提供できないと感じました。もっと世界に出て、広い視野で考え、様々な視点・角度から物事を捉えられるようになりたいと思いました。 日本にいれば看護師は医師の指示通りに動き、看護師自身で改めて考えて行動する機会は少なくなりがちだと思います。しかしワチェ慈善病院で長期研修をしている看護師さんたちは皆、自分で考え、分からないところは調べ相談しながら判断し、患者さんに医療を提供していました。その姿がとても印象的で、私も働く場所関係なく、患者さんにとって本当にその方法が最適なのか自分で考えて行動できる看護師になりたいと強く思いました。 最後に、吉岡先生をはじめスタッフの方々、研修に一緒に参加した学生の皆、関わった患者さんたち、ミャンマーで出会ったすべての皆様のお陰で実り多い研修となりました。本当にありがとうございました。 

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000