ミャンマー学生医療研修 2014年8月 〜秋月萌さん〜

ミャンマー研修を終えて                             

福岡大学薬学部6年 秋月萌 

私は様々な途上国を自分の目で見て、またそこでたくさんの人の温かさに触れた経験から、なにか貢献したいと思うようになり、国際医療協力に興味を持つようになりました。自分の中で夢をもっと近づけたいと思ったのが今回の研修に参加したきっかけです。 私が今回の研修で感じたことは大きく2つあります。 一つ目は、スタッフの方々の使命感の強さです。ワチェの病院のスタッフの方々と共に生活し、また病院内の業務を見学させて頂き、最初は正直、すごく大変だなと思いました。朝早くから夜遅くまでボランティアで医療を施し、プライベートな時間がほぼないスタッフの方々の生活にすごく驚きました。オペ中に停電になったり、麻酔が切れたりと日本のようには整っていない環境や設備の中でも、自分の最大限にできることを考えまっすぐに患者さんに向き合うスタッフの方々の姿や、そんな医療スタッフを信頼し受け入れてくれるミャンマーの方々の姿を見ていると、次第に求められる嬉しさやそれに応えるという大きなやりがいがあるのだなと思うようになりました。日本の医療では時折疑問を持つことも多かったのですが、ここでの患者さんのための医療にはただただ感動しました。 二つ目は、人と人のつながりが温かいことです。 病院の病室には、患者さんのずっとそばにいて、一日中うちわであおいであげる家族や泊まり込みで看病する家族がたくさんいたり、医療スタッフの言っていることが伝わらない時は複数の人が集まり、協力しながら理解しようとしてくれたりするミャンマー人の姿が多く見られました。また、私たち学生研修のメンバーにも、笑顔で話しかけてくれる人や、ご飯を一緒に食べないかと誘ってくれたりする人が本当にたくさんいて、すごく温かい雰囲気で人と人が助け合う姿が印象に残っています。ヤンゴン市内にも寄付で成り立つ病院がいくつかあり、日本にはないミャンマーのよい部分も多く見ることができました。 今回の研修で、患者さんを救いたいという気持ちや使命感、人と人のつながりを感じ、医療の原点を見ることができたような気がします。改めて医療に携われる喜びを実感したとともに、自分にできることを考え、国際医療協力に貢献したいと改めて思いました。また、日本での医療においても、今までとは違った見え方、行動が出来るのではないかと考えています。 今回、このような貴重な体験をさせて頂き、JapanHeartの皆様、HEART’sの皆様、医療スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。また一緒に研修に参加したメンバーの皆、ミャンマーで出会ったすべての人に感謝申し上げます。 

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000