ミャンマー学生医療研修 2014年8月 〜䑓もなみさん〜

ミャンマー学生国際医療研修に参加して         デブレッツエン大学 1年生 䑓もなみ  

私は母の仕事の環境で幼い頃からタイやベトナム、インドなどの発展途上国を訪れる機会がありました。その頃から漠然と、将来発展途上国で医師として働きたいと思っていました。そして今回ジャパンハートのミャンマーの医療研修の募集を知り、この上ない機会だと思い参加させて頂くこととなりました。 2日目・6日目は主にヤンゴン市内の無償・有償病院、視覚障がい者のための施設、そして養育施設のDream Trainを訪問・見学しました。無償病院は3つ見学しました。患者さんの診察代から治療代まで全て病院側の負担で、病院の経営は現地の個人や団体による寄付によるもので、医療器具等は世界各国からの支援を受けていました。日本もそのうちの一つであり、病院前に停まっていた救急車は日本の寄付によるものでした。また寄付をした人の名前が彫られている部屋には、壁一面が天井から地面まで真黒に字で埋まっていて、改めてミャンマーの寄付文化の根深さを知りました。一方で2つの有償病院は院内の様子は日本で見る病院とさほど変わらず、CTやMRIも完備されていていました。事故による患者の手当ては心肺蘇生等の救急処置までで、それ以降の治療等は政府の病院に引き継がなくてはいけないという、日本には無い制度もあることを知りました。またCooperate Social Responsibilityの一環で病院を訪れる富裕層だけにではなく、貧困層にも医療提供をしていると聞きました。  貧困層と富裕層の差が40倍とも言われているミャンマーで日本のような国民皆保険が無い状況で、少しでも多くの人に医療を提供しようとする病院のコンセプトを伺うことができました。  3日目~5日目はワチェ病院で実習させて頂きました。3日間でオペ12件と外来49名分を見学させて頂きました。私はまだ医学的知識も殆どなく無く、見るもの聞くこと全てが新しいことの連続でした。そんな中Swe Lwin Moe先生が外来の患者さんを全員分英語に訳して説明して下さり、患者さんが外来の部屋に入ってくるまでの間に患者さんの病気を当てる方法や、医師の立場から考える最善の治療と患者さんの希望が必ずしも一致しない時のジレンマなど患者さん一人一人とても丁寧に教えて頂きました。 またオペの助手をさせて頂いた時には、どうして今ここをこうするかなど詳しく教えて頂き、とても勉強になりました。外来中もオペ中もお忙しい中私達に快く様々な事を教えていただき本当にありがたかったです。  そして、都会から離れたネットも通じない様な町で、“医療が届かない医療を”という信念をもとに、それぞれがそれぞれの想いを胸に、目の前の患者さんに向き合いgeneralに働く医師達の姿を間近で見て、自分の将来の事をもう一度見つめなおすと共に、私自身もっともっと成長しなくてはいけないな、と改めて思いました。小さい頃に夢見た、発展途上国で医師として働くという夢をいつも胸に、今回のミャンマーの病院見学・実習で見たこと聞いたことを忘れずに勉学に励んでいきたいと思います。また、機会があればミャンマー以外の国のジャパンハートの病院も訪問させて頂きたいと強く思っております。  最後になりますが、お話を聞かせて下さった吉岡先生、外来でお忙しい中とても丁寧に説明して下さったSwe Lwin Moe先生、オペで助手をさせて頂いた時に教えて下さったSai Aung Myo先生、常に私達の事を気にかけて下さった遠藤先生、最後の日に笑顔でご自身の経緯を語って下さった山本先生、身の回りのことを何から何までお世話になった坂田さん、そしてジャパンハートの看護師やスタッフの方々本当にありがとうございました。 

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000