ミャンマー学生国際医療研修 2013年12月22日~27日 ~山西純さん~

山形大学医学部医学科4年 山西 純 

  ミャンマー学生国際医療研修に参加させていただき、沢山の貴重な経験をすることができました。私は大学入学当初から国際医療に興味がありましたが、4年生の今に至るまで具体的な行動はなく大学生活を過ごしてしまいました。今回この研修のことを知り、国際医療の現場を自分の目で見て、医師としての自分の将来像を考える材料にしたいと思い参加させていただくことにしました。 プログラムの内容としては最初の2日間で都市ヤンゴンにある小さなクリニックから富裕層向けの大病院まで様々な病院や、Japan Heartの運営する視覚障害者施設およびDream trainなどを見学しました。そして後半の3日間はJapan Heartの運営するワチェ病院で研修を行いました。 前半の研修の中で最も衝撃的だったのは、ミャンマーにいくつか存在する慈善病院がミャンマー人を中心とした人々の寄付金のみで成り立っていることです。ミャンマーでは、結婚式やお祝い行事などに記念として病院などに寄付をする文化が存在するそうで、私たちが見学している時も沢山の人が寄付するために病院を訪れていました。また働く医療関係者も少ない給料で自主的に働いているそうです。このような文化により、保険制度のないミャンマーでもお金がない貧困層が医療を受けることができており、ミャンマーの人々の意識の強さと共に、日本にはない宗教上の特色を知ることができました。 後半のワチェ病院での研修では多くの思うことがありましたが、特に印象的だったのは働いているスタッフの方々の優しさです。時間がなく忙しい中でも、分からないことを丁寧に説明していただき、スタッフの方がご自身でやった方が早いことなども私たち研修生にやらせていただける場面が数多くありました。一方でワチェ病院は短期ボランティアも多く、スタッフの入れ替わりがとても多い病院です。そのような環境にもかかわらず、医師から看護師、見習いまで多くの人が連携を組み、手際良く沢山の患者さんを治療、処置していく様子は圧巻でした。これはスタッフの方同士が、国籍やそれまでの職場環境の違いなどを理解し合い、共同生活を通して、短い期間でもしっかりとコミュニケーションが取れている表れだと思います。この結果として、オペ室と病棟では緊張感だけでなく、常に笑顔が見られ、また穏やかで明るい雰囲気が流れていました。 また今回の研修で最も有意義だったとも言えることが、病院の裏にあるお店でラペイエを飲みつつ、吉岡先生と様々なお話をさせていただけたことです。医療のことはもちろんのこと、経済、歴史、教育などあらゆる分野に及ぶお話しは、本当に勉強になることばかりで、自分の視野の狭さ、考えの浅はかさ、勉強不足を実感させられました。また、それと同時にこの研修に参加した理由でもあった自分の医師としての将来像が、先生との会話の中で整理され、具体的なイメージを持つことができました。吉岡先生が思い描く短期による国際医療への参加の形は、今まで足を踏み出しにくかった国際医療への道を大きく広げることになると思います。自分もそのようにして、日本の医療のみならず国際医療にも携わっていきたいと考えています。 最後にこの場をお借りして、吉岡先生、ワチェ病院やJAPAN HEARTのスタッフ、ミャンマーの人々、研修を企画していただいたMeTs-Japanの方々、そして一緒に行動した4人の研修仲間に感謝を気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。 日本に戻ってもこの研修で得られた刺激を忘れず、色々なことに取り組み、勉強に励みたいと思います。そして、また国際医療の現場に戻ってきます。

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000