ミャンマー学生国際医療研修 2013年12月22日~27日 ~田井芳香さん~

 神戸学院大学 薬学部6回生 田井 芳香  

 私は現在薬学部6年生で、学生生活残り3ヶ月となりました。今年4月から勤務する病院も決まり、長かった学生生活を振り返ったときに一番やり残したこと…それが途上国での医療を見るということでした。以前からミャンマーという国に興味があり、いつか医療を通して携われたらという思いはあったものの、なかなか一歩が踏み出せず過ごしていました。 短期的な研修といえども、大学の日程調整や医療の知識にも大きな壁がありました。過去の研修参加者を見ても、薬学部生の参加が少なく、他の参加者たちの知識についていけるのかなどという不安もありました。しかし日本での長期病院実習を終えたタイミングで参加したことで、現地での病院見学や実習も予想よりはスムーズに学ぶことができ、また他の参加者たちと知っている情報を交換しながら研修することができました。 研修期間のうち3日間は吉岡先生のいらっしゃるワッチェ病院で実習させていただきました。医学部や看護学部、薬学部関係なく平等に実習させていただき、日本の病院実習で経験出来なかった手術室にも入れていただきました。手術前にがちがちに緊張している患者さんの着替えを手伝い、リラックスできるように拙いミャンマー語で会話をし、そのまま患者さんのオペを見学しました。その後病棟を見に行ったときに自分から笑顔で話しかけにきてくれる患者さんを見たときは、本当に嬉しかったです。手術前から手術後の様子まで近い距離で見ることができ、医療の素晴らしさを実感しました。 また、同世代のミャンマー人スタッフの方と器具滅菌や掃除、ガーゼ作りを一緒にしていく中で会話が弾み、日常の診療についてや医療に対する考え方を話せたのは、今回の研修の大きな収穫となりました。 期間中、吉岡先生と話す時間を多く設けていただきました。その中でジャパンハートはこれから短期的のボランティアを増やしていくと伺いました。日本で働きながらも休暇を使って国際医療に関われる環境があるということは、私にとってはとても魅力的でした。家族を持ちながら、仕事をつづけながらでも、細く長くでも国際医療に関わっていきたいと強く思いました。また、私はもうすぐ社会に出て、病院薬剤師として働きますが、吉岡先生やワッチェのスタッフの方々のようにスキルや知識だけでなく、どんな環境でも臨機応変に対応できる医療人になりたいと思います。  吉岡先生をはじめとしたJapan Heartの皆様、通訳やガイドさん、訪問させていただいた施設関係者の方々、そして今回の研修期間を共に過ごした熱い想いを持つ5人のメンバーに心から感謝いたします。ありがとうございました。

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000