ミャンマースタディーツアー 2012年12月23日~28日 ~藤原誠子さん~

京都府立医科大学 医学部5年 藤原誠子

  2012年の年末、幸運にもミャンマーでの医療ボランティアに参加させて頂く事ができました。私は今まで大学で部活中心の生活を送っており、5年生になった時にはたと将来についてどのような方向性でいけばよいのか何も考えていなかったことに気づきました。この一年は将来の選択肢を広げるためにも積極的に行動しようと決め、その中でJapan-Heartの活動に出会うことができました。もともと海外で働くことに何となく憧れを抱いていたのですが、国際医療という分野に目を向けたのは最近でした。このツアーでは国際医療が実際にどのようなものなのか、従事されている方々はどのような思いで参加していらっしゃるのかなどを実際に現地に行くことによって体得する目的で臨みました。   ワチェ病院では吉岡先生から直接お話を伺うことができ、中でも直感に従って行動するというお話が印象的でした。直感は全脳ではじき出した最高の結論であり、その時点までに経験してきたことを総合判断したものであるということを教えて頂き、悩み迷いやすい自分の心に一本の芯が通ったように感じました。人生の大先輩である先生に人生の岐路でどのように考え行動してこられたのかを伺うことで、自分の悩みは小さなものでもっと大きな視野で捉えることが大切だと思いました。   病院での活動ですが、日本との違いに最初は衝撃を受けました。患者さんが寝ているベッド間には仕切りがなく、家族全員が一つのベッドで寝ていたり、手術や検査なども驚くことばかりでした。また、ヤンゴンでも4つの病院を見学させて頂き、貧しい人から裕福な人が通う病院まで様々ありその差の大きさにも驚きました。特に外科では眼科の手術が多く、ミャンマーでは眼の病気にかかる人が多いそうで、しかしなぜ、そしてどのぐらい多いのかなど具体的な調査はまだまだこれからだそうで、早く調査が進んで人々の生活がより良いものになればと思いました。また、最近では糖尿病の患者さんも増えているそうで、教育により病気に対する知識を周知していく努力も必要だと思いました。   印象に残ったことをもう二つ挙げたいと思います。一つはDream Trainというエイズや貧困で人身売買の危険にさらされている子供達が保護・養育されている施設でのことです。親元遠く離れて集団生活をしている子供達の心境はいかばかりかと訪ねる前は少し緊張しておりましたが、一歩足を踏み入れた途端、子供達の元気な声と無邪気な笑顔が広がっていました。最終日にもう一度お願いをして訪問させて頂き、最後別れる際、はちきれんばかりの声で身を乗り出しながら「ターター!(さようなら)」といつまでも皆が手を振ってくれました。その感動に胸がつまり、この子供達の将来がどうか素晴らしいものとなっていきますようにと心から祈りました。またもう一つは、ヤンゴン市内の視覚障害者施設を訪れた際に施設長の塩崎先生から頂いたお言葉が大変印象に残っています。「将来どんなお医者さんになってほしいかというと、例え病気が治せなかったとしても次につなげられるお医者さんになってほしいんだ。」盲目になっても盲学校に行けば大丈夫だよと一言提案するだけでもその人の人生は大きく変わってくる、人生はまだまだあるということを伝えられる人になってほしい、というお言葉でした。ただ病気を治すだけではなく全人的な医療を提供できる医師になるためにとても大切なことだと思い、この言葉を忘れないようにしていきたいです。  長くなりましたが、お世話になりましたMets-Japanのスタッフの皆様、Japan-Heartの方々、そして吉岡先生、本当に貴重な経験をさせて頂きましてありがとうございました。これからどのような方向に進んでいくか迷った時には吉岡先生の言葉を思い出し頑張っていきたいと思います。 「人生は一度しかない。自分の人生を生きろ。」 

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000