ミャンマースタディーツアー 2012年12月23日~28日 ~高岡大介さん~

大阪医科大学 医学部 医学科 5年 髙岡 大介

  この度、ミャンマースタディーツアーに参加させていただき、ワチェ慈善病院・ドリームトレインや視覚障がい者自立支援施設などのJapan-Heartの提携施設、Jivita Dana Sanga Hospitalをはじめとするヤンゴン市内の仏教系無償病院などを見学させていただきました。研修を終えて日本へ帰国し、色々なことを学び、体験させていただきました。以下順に振り返って見たいと思います。 このツアーの核となる実習先であるワチェ慈善病院では、ほぼすべての時間を、手術室で使用した機材の洗浄または外来や看護師詰所の見学・スタッフから直にお願いされた作業をして過ごさせていただきました。吉岡先生が執刀された手術も見学させていただき、短時間で大変鮮やかに腫瘍を切除し、縫合されていらっしゃったのをはっきりと覚えております。清潔/不清潔の概念そのものは日本ほど明確に規定されてはおりませんでしたが、エコーやモニターなどの機材や照明・ガーゼや薬剤などが完備されており、手術室もプレオペ室とオペ室の2室が設けられているなど、設備が整っておりました。 外来・詰所・オペ室でもミャンマー人スタッフと日本人スタッフとの連携がスムーズに取れており、スタッフは常に患者さんの声に耳を傾け、「痛くないですか?苦しくないですか?もうすぐで終わりますよ」などとお声をかけていらっしゃったのが印象的でした。ワチェ慈善病院ではスタッフと患者さんの距離が近く、常に患者さんの気持ちに配慮し、一人ひとりのご希望に沿った治療を提供されていらっしゃり、患者さんに寄り添った医療が実践されているように感じられました。将来この病院で働きたいと強く思わせるエピソードがいくつもあり、医療者として再度行かせていただくことも考えております。そのためにもこれからの臨床実習・初期研修など、日本での病棟業務を短期間でみっちりできるようになることが肝要だと実感しました。 ドリームトレインでは様々な理由でご両親と離れて学業・集団生活をしている役150名の子ども達が出迎えてくれ、一緒にフットサルをしたり大縄跳びをしたりして交流させていただきました。あの純粋な子供達が、人身売買や薬物・虐待などの危機にさらされかねないという事実が今でも信じられないのですが、子供達はそんなことを吹き飛ばすくらい大変元気いっぱいで希望に満ち溢れていました。この子供たちの笑顔を守れるよう、また安心して暮らしていけるようご支援をしたかったのですが、財布を持たずに施設へ入ってしまったため、国内より寄付をさせていただこうと思います。 視覚障がい者支援施設では、学生たちが自分達の卒業した盲学校の教員として地域で継続的に指導できるよう、医学に準拠した実践的なマッサージの教育が行われていました。私たちも塩崎先生が教鞭をとられる教室で実際に授業に参加させていただいたのですが、学生の皆さんは先生のどの質問にも大きな声ではきはきと答え、休む間もなく熱心にノートをとっており、彼らの高い意欲とエネルギーに大変驚かされました。仏教系の無償病院では歯科口腔や眼科・獣医の診察室の見学ののち、全世界でも非常に珍しいといわれる全御経を読経出来るお坊さんとお話させていただきました。この他にもシュエダゴン・パヤーへも行かせていただき、医療だけでなく仏教をはじめとするミャンマーの文化・歴史、更に食文化も知ることができました。 最後に、普段この狭い日本に住んでいるだけでは知ることができない海外医療、発展途上国ミャンマーの現状とその魅力をこの目で見て体験することができ、MeTs-JapanおよびJapan Heartのスタッフの皆様には大変お世話になりました。今回、このスタディーツアーに参加させていただき、いかにミャンマーで医療が必要とされているか・そのためにJapan Heartのスタッフの皆様が真摯に医業に励まれていらっしゃる姿を見させていただきました。私は学生でまだ何もできない身ですが、これからの学生生活および医師生活で腕を磨いて、ミャンマーへ将来医療者として行かせていただきたいと強く思いました。これからも何卒よろしくお願い致します。この度はどうもありがとうございました。

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000