ミャンマースタディーツアー 2012年12月23日~28日 ~河辺拓さん~

藤田保健衛生大学 4年 河辺 拓  

 このスタディーツアーに参加することになったのは、以前に参加した部活の後輩から参加時の話を聞いたことが始まりでした。幼い頃から医療ボランティアに興味があり、憧れていたのですが、どうすればいいかわからずにいました。半ば諦めていたところに、その話を聞き、自分でも行けるかもしれないと思い、参加を決意し、応募させていただきました。 ミャンマーに入国し、色々なことが日本と違いすぎて驚きの連続でした。交通事情の違い、路上駐車の多さ、クラクション鳴らす多さ、路上で椅子に座って談話している人の多さ、食べ物の違い、水道水で歯を磨けないこと等、日常的なことの違いに驚きました。 そしてスタディーツアーでは、ヤンゴン都市内の病院、養育施設「Dream Train」、ワッチェ慈善病院、視覚障害者医療マッサージトレーニングセンターの見学をさせていただきました。 ヤンゴン内病院見学では、無償のイスラム系病院、人種や宗教に関わらず患者さんを受け入れる仏教系の無償病院、僧侶が経営している無償病院、個人経営の大総合病院、4つの病院を見させていただきました。日本との病院との設備の違い、医療システムの違い、医療事情の違いに驚かされました。 養育施設Dream Trainでは、施設の説明を受けた後、子供たちと一緒にサッカーや長縄等で遊んで、交流させていただきました。子供はみんな遊ぶのが大好きで、子供たちは本当に元気で、笑顔が本当に輝いていました。言語が通じなくても、子供と遊ぶことはできることに、そして今の日本の子供たちにない、きちんと整列し、しっかり片づけをしている姿に、当たり前のことですが、とても感動をしました。 ワッチェ慈善病院では、手術の見学、手術の後片付けの手伝い、手術器具の洗浄のお手伝い、吉岡先生とのお話、外来の見学、患者さんとその家族との交流、お寺での生活等、本当に色々なことを経験させていただきました。本当にすべてが新鮮でした。手術では、日本の病院との、麻酔のかけ方、手術場、使用器具、器具の洗浄仕方、の違い等に衝撃を受けました。またお寺での生活では、5時半から30分の瞑想した後、30分掃除をするという生活をしました。瞑想は、仏教徒の多いミャンマーではよく行われる行為なのですが、普段はやらない行為であり、そして朝早くからということもあり、かなり戸惑いました。吉岡先生とのお茶を飲みながらのお話では、行動の仕方、人生においての発酵と熟成の考え方、今後の構想等、色々な先生の考えを伺わせていただきました。そして質問にも具体的に答えてくださり、自分が日頃から感じるもやもやが解消され、本当にそれだけでもミャンマーに来てよかったと感じました。患者さんとの交流では、人種を越え、みんな一緒であると実感しました。みんな、めずらしいことには反応し、女性なら世間話が好きですし、親は自分の子がかわいいと感じ、親は子供のことが心配する。本当に本質は僕らと何も変わらないと実感しました。 最後に、視覚障害者医療マッサージトレーニングセンターの見学では、授業を拝見させてもらい、ここで教鞭を執っていらっしゃる先生の話を伺わせていただきました。授業では、生徒みんなの熱意・向上心がすごく、質問が多く、日本では見られない活気あふれる授業風景でした。また先生の話では、素晴らしい医療スタッフは病気が治らなくても、次の道を示せる人であるという言葉をとても胸に響きました。 5日間という短い期間でしたが、本当に色々な貴重な経験をさせていただきました。初めは、単身での初海外出発、初の発展途上国というのが、正直恐かったですが、実際に行ってみて、自分が恐いという偏見を持っていただけだと気づきました。実際、ミャンマーの人はみな親切な人が多く、色々な人にミャンマー語を教えてもらい、色々な人に気さくにも話しかけてもらいました。今回のツアーを通して、思うだけでなく、実際現地に行き、実際に実行しないと本当のことはわからないことを、身を持って理解しました。そして吉岡先生と話し、やりたいことは思うだけでなく、実際に行動に移すことの大切さを再度認識しました。この2013年は、今回の経験を踏まえ、去年よりももっと思ったことを行動して行きたいと思います。多くのことがありすぎ、大変感想が散らかってしまいましたが、自分の中で再度整理したいと思います。この経験を今後の糧にし、今後どう医療ボランティアに関わっていくかを考え、行動して行きたいと思います。  最後に、今回のツアー参加にあたり、尽力してくださったジャパンハート/MeTs-Japanのスタッフさん、今回参加を許してくれた両親、そして今回共に参加した4名の方々に感謝の意を述べたいと思います。本当にありがとうございました。 

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000