ミャンマースタディーツアー9月11日〜16日 安田裕美さん

同志社女子大学 薬学部医療薬学科 3年 安田 裕美 

  今回、ミャンマースタディツアーに参加させていただいて、海外医療に関わりたいという自分の思いをより現実的に考えることができました。多くのことを経験し、ミャンマーの医療事情はどういうものなのか、環境はどうなのか、実際に自分の目で見ることによって、その国について身近に感じ、世界の医療の問題についても改めて考えたいと思いました。また、それぞれ国のいいところも悪いところも含め、私には何ができるのか、また何をしたいと思っているのか、を再確認することができたと思います。私自身、医療的な面でも語学的な面でもまだまだ劣る点がたくさんあるので、学生の間に多くのことを経験し学んでいくべきことをしっかり身につけていきたいと思います。 現地では、ミャンマーの人たちはとても親切に接してくださったので、言葉が通じなくてもあたたかい気持ちがとても伝わってきました。病院での手術ミッションの時には看護師の方々は忙しいにもかかわらず学生である私にアドバイスをくださったり、色々気を遣ってくださり、本当にありがたく思いました。手術の間に吉岡先生とも一緒にお話しさせていただいて、多くのことを考えることができましたし、とても刺激になりました。 ドリームトレインでは無邪気に遊ぶ子供の笑顔が忘れられません。一緒に遊べて、とても楽しい時間を過ごすことができました。 ヤンゴンでの観光では、仏教をとても強く信仰しているミャンマーの文化が、建物やミャンマーの人々から感じました。夜に見たシュエダゴンパヤーは輝いていて本当にきれいでした。 今回一緒にスタディーツアーに行った学生4人からもとても刺激をもらいました。同じ志を持っている仲間として出会えたこと、嬉しく思います。今回の貴重な経験を活かして、これからも視野を広げ、自分の中で目標を持って何事も全力で頑張っていきたいと思います。 ミャンマースタディーツアーに行くにあたって関わってくださった多くの方々に深く感謝します。ありがとうございました。    

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000