ミャンマースタディツアー8月23日-28日 野田祥平 さん

島根大学医学部医学科1年 野田祥平 

 2012年8月23日~2012年8月28日の6日間、私はミャンマースタディーツアーに参加しました。体験したあらゆる出来事が新鮮かつ刺激的であったため、たった6日間という短い期間でしたが、不思議なことに、現地での時の流れは遅く感じられました。このツアーに参加でき、私は大変満足しています。大学の試験や部活動で忙しい中、ツアー参加の準備を進めていたため、その時はかなり大変でしたが、そんなことを忘れる位の貴重な体験をすることができました。 3年前、情熱大陸でジャパンハートのこと、吉岡先生のことを知りました。それ以来、途上国の医療に関心を持つようになりました。そして、2年間の浪人生活を乗り越えて、やっと大学に合格できたので、今年の4月に大阪で開催された吉岡先生の講演会に参加しました。その際に先生から「感性に従う」という御言葉をいただきました。その言葉に従って、今回のツアーへの参加を決意しました。 6日間で、色々な場所で、沢山の人に出会い、その方々から沢山の教えをいただきました。間違いなく、世界観が広がりました。しかし、その多くの方々、特に病院内外で出会ったミャンマー人の方々とは、もう2度とお会いすることがないだろうと考えると、非常に悲しい気持ちになります。まさに一期一会です。一瞬一瞬の大切さを実感しました。 ワッチェ慈善病院体験期間中には、吉岡先生と話をさせていただく機会がありました。自分が最も尊敬している医師が目の前にいるということだけでも、かなり緊張しました。先生と話をさせていただき、行動力の大切さを感じました。先生に言われたとおり、学生のうちに、借金をしてでも、沢山の場所に行き、沢山の経験を積もうと思います。 ワッチェ慈善病院では、看護師さんたちの働きぶりが特に印象的でした。看護師さんたちは、日本の職場を辞めて、ミャンマーに来ています。中には、家族を日本に残して来ている看護婦さんもいます。そして、ミッション期間中(吉岡先生がミャンマーで手術を行う期間)のミャンマーでは、朝5時過ぎに起きて、7時半から21時まで働きます。6時間ほど、一人の看護師さんに付きっきりでお手伝いをさせてもらいましたが、私はそれだけで足が棒になりました。ものすごい量の汗をかき続けるため、どれほど水分をとっても、全然トイレに行きたくなりませんでした。全ての看護師さんが、ハエの飛び交う病院内で、大量の汗をかきながら、黙々と働いておられました。その姿を見て、すごくかっこいい生き方だと思いました。 メディアによる影響を受け、ミャンマーは危険な国であるという先入観を持っている日本人は多いはずです。私自身もそうでした。しかし、6日間を通して、ミャンマーは、決して治安の悪い国ではなく、むしろ、治安の良い国だと実感しました。そうした事実を周りに伝えていくことも大切だと思います。 このツアーには夢や希望を持つ多くの学生に是非とも参加してほしいです。少しでも参加しようかどうか迷っている学生は思い切って参加してみて下さい。日本では得ることのできない何かを得られるはずです。 最後に、このツアーに参加するにあたって、多大な御心配、御迷惑をおかけし、大変御世話になった日本国内外の多くの方々に心より御礼を申し上げます。  

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000