ミャンマースタディーツアー8月23日-28日 鈴木夏美 さん

        鈴木 夏実  

 今回、ミャンマースタディーツアーに参加させていただいき様々な貴重な体験・経験をさせていただきました。まず初めに、ミャンマーに住む人は親切でとても温かい人間ばかりで家族という集団だけでなく、多くの人と関わっており助けあいながら生活している姿を何度も見ました。また、笑いかけると笑顔で返してくださったり笑顔で話かけてくれました。決して住む人が裕福で豊かな環境だとは言い難いですが人間性にはとても恵まれていると思いました。  病院体験では、日本との病院の環境の違いを身近に感じたことや日本での実習では体験できないことをさせていただきました。また、吉岡先生とお話しする機会もあり吉岡先生のメッセージがとても胸に響きました。「病気を治せるスタッフがいいスタッフではない。一人ひとりに心を込めて精一杯向き合って欲しい」という言葉に共感し今後医療者として生きていく中で何度も思い出して考えていくと思います。今の自分は誰かの役に立ちたいとは思っていても何をしたらいいのかはわかりません。なので、やりたいことしたいことは今のうちに行う。という吉岡先生の言葉ですが私に今できることはそのようなことだと思いました。吉岡先生と出会えて、ミャンマーという異国の地に出会えて、今までの自分の考え・行動の甘さを感じましたが私が看護師になりたいと思ったことに迷いはないと改めて思いました。  また、視覚障害者施設の見学、マラリアについて研究している先生のお話、医療関連施設センターの見学、DREAM TRAINへの見学で子供たちと日本のおもちゃで交流しとても貴重な経験をさせていただきました。  今回のスタディーツアーの目的である、『医療の届かないところに、医療を届けること』とは実際に現地に行き、吉岡先生や他の施設で働くスタッフさんにお話しを伺うことで私なりに考えました。ミャンマーだけでなく日本の国内でも医療が届いていない地域はあります。また、医療を届けることは容易なことではないと思いますがやりたいことしたいことは今行うという言葉と繋がると思いました。まだまだ私の考えよりはるかにこの言葉の意味は深いと思いますが今の私はこのスタディーツアーを通してこのような考えになりました。また、ミャンマースタディーツアーを通して自分自身の考えや世界観が変わり少しでも成長することができたと思っています。今回ミャンマースタディーツアーに参加させていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

国際協力学生団体 HEART's

認定NPO法人ジャパンハートの下部組織に当たる "学生組織 HEART's" あなたの背中を押す存在でありたい ーさぁ、私たちと新たな "一歩" を踏み出しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000